マンション査定

マンションを売却したい

 

家や土地、マンションなど転勤や引っ越し、財産分与等の諸事情で売りたいとなった時その不動産価格がどのくらいになるかすぐ知りたいですよね。

 

不動産の売却というのは多額のお金が動きます。ましてや不動産の売却が初めてとなれば勝手はなかなかわからないものです。

 

不動産を売却した状況としては様々な状況があると思います

 

計画的な売却

 

  • 夫婦二人で暮らしていたマンションだが家族が増たので広い家に買い替えたい
  • 子供も独立し夫婦二人になったので維持が大変な一戸建てからマンションに引っ越したい。今の一戸建てはいくらくらいで売れるだろうか
  • 投資用に購入していたマンションだが手放したい
  • 遺産として譲り受けた土地を売却したい
  • 転勤が決まりこれまでの家を手放したい

 

急な売却

  • 債務返済
  • 遺産の相続
  • 離婚により売却

 

 

など様々な事情があると思います。
まずはあなたのご所有の不動産にどのくらいの値が付くのか
無料の買取査定をしてみましょう。

 

 

 

 

 

住宅を売却する際、仲介業者の手を借りずに個人対個人で済ませることもできないことはありませんが、専門的な裏付けもなく売買すると権利や金銭面で揉めたりする可能性もあります。
不動産取引では将来のトラブルを避けるべく物件に合った詳細内容を付加した契約書を交わす必要があり、わずかな不備があっただけでも想定外のトラブルに見舞われるケースがあります。
ノウハウと実績のある専門業者に任せるのはすなわち安心を買うことにほかなりません。
土地の急激な値上がりさえなければ、新築物件の場合は分譲後2年ないし3年目くらいから10年ころまでゆっくり値段が落ちていくのが普通です。
しかし毎年下がっていたのにもかかわらず、10年を過ぎると価格はあまり変わらなくなります。
税制面でいうと、居宅売却や買い換えの際の税率優遇措置が受けられる要件は不動産買取相場、10年超にわたり所有していることですし、住宅を売却ないし買い替えるなら取得して10年を過ぎた頃がまさに最適であるということです。
ソーラー発電システムを備えた家の売却では、ソーラーパネルの扱いが問題になります。
売買契約書の設備欄や備考に特に記載がなければ、転居先へ移すことも可能です。
しかし専門業者を手配する必要がありますし、移転再設置にはお金もかかるわけで、実際には手放されるケースのほうが多いです。
パネルの耐用年数が残っている場合は名義変更等の手続きが面倒ですが、転居先に据付できるだけのスペースがない場合もありますし、心残りでも置いていかざるを得ません。
隣地との境を明らかにするために、土地境界確定図を作っておくということは、土地や戸建の売却にはつきものかもしれません。
実施は義務付けられていないものの、比較的土地単価が高い地域の場合、たった10センチの差が20万位の差にもつながりかねないですし、実施するのが一般的です。
業者への支払いは30万前後ですが、土地の広さにもよります。
通常は売主側が費用を負担しますが、不動産買取相場買う側からすれば要らぬトラブルを避けられるのですから安心です。
建築後かなりの年数を経過した建物だと、売るなら更地にしたほうが良いのではと迷うことも多いでしょう。
でも、更地にしたからといって確実に売れるとは限りません。

ここ数年は安定したDIYブームで、不動産買取相場中古住宅をベースに好みの改修を行って住んでいきたいという家族や中古の物件を新築なみにフルリノベして販売するのを専門にしている業者も多いですから、中古だからダメというわけではありません。
円満で満足のいく取引ができるよう、家を売却する際は不動産屋の選択が大事です。
マンションを得意とする業者もあれば、戸建に強いところもあり、言われるがままの値段で売ると意外にも大損をしていることがあります。
最近はネットで多くの不動産会社に一気に査定を依頼可能なサイトがあって、名の知れた不動産会社が幾つも名前を連ねていますから、多くの会社に見積りを出してもらい、営業力があって信頼できる会社を選びましょう。
うまく買手が見つかって住宅を売却した場合、売主側の現住所(住民票上の住所)と売却物件の住所とが転居などの事情により異なる場合は、住民票と印鑑証明書が必要ですが、氏の変更や転居の回数によっては別途書類が必要です。
契約日が迫ると忙しくなるので早めに用意しておいた方がいいですが、住民票も印鑑証明も期限が定められているため、必要なときに失効していたらたいへんです。
書類に記載されている発行日から3ヶ月が有効期限です。
家を売却する際は一般的に、売却して買主に物件を引き渡すまで、最速でも4ヶ月、大抵半年ほどはかかります。
それより早いうちに現金が欲しいなら、直接不動産会社に売却することも可能です。
買手イコール不動産会社なので早いです。
市場に流通している価格に較べるとずっと安値になるため、本当に買取扱いで良いのか、十分検討を重ねなければいけませんが、期間内にすみやかに不動産を売却可能という意味では有効な方法かもしれません。
土地や家屋が担保に入っている場合、売ることは出来るものなのかというと、現状で売買することも、所有者の登記変更もできることはできます。
とはいっても、抵当権を設定する原因となった借入を行った方が借金の返済を滞りなく終わらせてくれなければ、担保となっている物件は競売にかかり、第三者の所有する物となり、住人は退去しなければいけません。
担保に入っている家や土地というのはそういった危険要素が満載ですから、実質上「売れない物件」となってしまうでしょう。
家の買い手は自分で見つけてくれば格安で済むという意見もありますが、非常な危険をはらんだ考え方です。
取引では権利や責任を明確にする必要がありますし、法律、税務、登記などの専門知識は本やネットだけで身につくものではありませんし、付け焼刃で大きな資産を動かして訴訟にでもなったら大変です。

まとまった額の手数料を払うのは大変かもしれませんが、ストレスのない取引をするためにはきちんとした業者に依頼するのが一番です。
もし知識が充分で諸手続きも自分でできるというのであれば、自分で家を売ることは法律上禁止されていませんから、可能です。

更新履歴